HOME>記事一覧>矯正していることがバレにくいと噂の矯正方法の注意して欲しいことを説明します

一日20時間以上装着する必要があります

口元

インビザライン治療により出っ歯(上顎前突)を改善したい場合、基本的に一日20時間以上の装着をすることになります。万が一20時間以下の装着時間だと、望んでいる効果を得ることができなくなり、予定していた治療期間が延びてしまうこともあります。治療中に、たとえば装着し始めたときや物を噛むときなどに痛みが出ることがありますが、対策を取ることもできなくはありません。その場合、たとえば痛み止めを処方してもらったり柔らかい物を食べるようにしたり、などの対策が痛みには有効です。

歯のお手入れが大切です

マウスピースと歯の間に、糖類や着色物そして酸などが長時間停滞してしまうと虫歯になってしまうこともあります。虫歯を防ぐためには基本的なことですが、食事をしたあとには歯を、丁寧に時間をかけて磨くことが効果的です。また、飲み物を飲む場合に糖分が多い飲みものはできるだけ避け、飲む場合にストローを使うといいとされています。出っ歯を治すためにインビザライン治療をしている最中に、万が一虫歯になったら、矯正をお願いしている歯科クリニックに相談しましょう。虫歯を治すために通院するクリニックと出っ歯を治すために通院しているクリニックで、情報共有をする必要があるからです。

広告募集中